普通に暮らす人にとって探偵社や興信所というものは最も縁の無いものですよね?ちょっと胡散臭い業界でもあり、実際に悪徳な業者が多数存在しています。探偵社の主な業務としては以下のようなものがあります。

・浮気調査・不倫調査 ・結婚前調査 ・身辺調査 ・行動調査・行方不明人 ・家出・人探し ・所在調査 ストーカー対策 ・盗聴器発見調査

特に最近多くなっているのが浮気・不倫調査なのです。携帯電話やスマホが普及し、FacebookやTwitterなどのSNSが急速に広まりましたよね。それに伴って浮気も激増してるのです。昔の恋人や同級生とFacebookでつながって再開したり、全く縁も無かった異性と知り合うことも簡単ですよね?遠くに住んでる人と浮気をするのだって簡単な時代になってしまいました。

あなたの配偶者さんも仕事や会社の飲み会などと言って浮気を楽しんでいるかもしれませんよ?

配偶者が浮気をしているかもしれないと思っても確たる証拠がない、と言う方もいるでしょう。
そんな状況で慰謝料目当てで離婚に踏み切ってしまってはいけません。離婚調停に持ち込むのなら、決定的な証拠をそろえる必要があるからです。証拠なしでは子供の養育費や親権、慰謝料、財産分与などの話し合いを有利に運ぶことができなくなります。離婚調停ではなくても協議離婚であっても浮気現場などの決定的な写真がなければ、結果には大きな差が出てしまいます。

浮気をして離婚の責任を作ったのは相手方なのにもかかわらず、十分な慰謝料や親権が取れないのでは悔いが残るはずです。インターネットを活用して情報収集をしても、素人の力では限界もあります。

ではどうすれば明らかな証拠を上げることができるでしょうか?

確実で安全なのが興信所に頼むことです。依頼することです。

「プロに頼むのには費用がかかりそう」
そうした不安も無理ありません。調査の費用の内訳をご紹介します。

1日当たり2万円弱の費用に、人件費(必要となった時間や日数を掛け算)、尾行のための車両代金(電車を利用した時は電車代)、カメラやフィルム代の諸費用があります。トータルにすると、1日につき6~10万円が相場です。

これって全然高くないんです。しっかりとした証拠を示せれば協議離婚でも離婚調停でも有利となり、数百万といった慰謝料や子供の親権も堅実に勝ち取ることができるのです。トータルで考えると、6~10万円と言うのも良心的な価格であり支払うに値する価値は十分です。大切な親権や、数百万円単位の慰謝料のためなら安いものといえるでしょう。

探偵は高い浮気調査能力により、証拠を確実につかんでくれます。不倫裁判の証拠材料にするためにも確実な浮気調査が重要です。ただ、探偵や興信所の多くは悪徳と言われており、優良な探偵の選び方には絶対に知っておくべき基準があります。

信用性・明確な料金・調査力です。

でも、それをすぐに判断するのは難しいですし、調べているうちに時間がどんどん流れてしまい浮気が手遅れになってしまうかもしれません。そこで、当サイトが口コミや営業実態をもとに客観的に判断して、優良な探偵社をご紹介いたします。あなたの悩みを解決する糸口は必ず見つかりますので、まずはプロに無料相談をすることをオススメします!

オススメ探偵社ランキング

1

原一探偵事務所
・なんといっても39年で実績が7万件以上!
・県庁のホームページに掲載される信頼感は絶大!
・追加料金は一切なしですから安心です。
・当サイトからの特別キャンペーン!なんと【基本料金50%オフ】(※無料メールの際にお伝え下さい。電話相談では適用されませんので、必ずメールからお申し込みください)

8

対応地域
1時間単価
評価
全国
約3333円

TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」やテレ朝「テレビのチカラ」で原一探偵事務所を知っている方もいらっしゃるかもしれません。主に人探しの調査でテレビ番組に出演していますが、本当は浮気調査でも定評のある探偵会社です。

パートナーの浮気で悩んでいるのなら急ぐ必要があります。電話で話している時間ももったいないですし、電話だと文章で残らないからニュアンスが伝わりにくいものです。それに、電話の履歴や電話で話しているところを万が一対象者の方に見られてしまうと、相手が警戒モードにはいってしまいます。なので、浮気の相談はメールがオススメです!!!

原一探偵事務所は現在全国主要都市(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・北海道・仙台・大阪・九州)に14拠点。全国どの地域の顧客に対しても、全て自社STAFFが対応してくれるので安心です。(ほとんどの探偵社はレンタルルームを支社登録したり、アルバイトスタッフを使っています)

原一探偵事務所の得意とするジャンルは

・浮気調査・不倫調査(当事者夫婦からの依頼や親御さんからの依頼)
・結婚前調査(娘や息子の結婚相手の実家/家族の風評や経済状態等)
・身辺調査・行動調査(娘の交際相手、脅迫をしてきた分かれた同居相手等)
・行方不明人・家出・人探し・所在調査(連絡が途絶えた娘の消息、交流が無い兄の消息等)

となっています。見通しの良い直線道路などを車両で尾行する場合などは、同一車両での追尾では当事者に気づかれてしまう危険が高まります。その点、ハライチでは社員数や車両保有台数が業界トップを誇っています。尾行や追尾の際には車両やスタッフを何度も入れ替えて、ばれないよう細心の注意を払います。失敗が許されない浮気や不倫調査においてはこれは非常に重要なポイントであるといえます。

ハライチ探偵社は決して「安さを売りにしている探偵社」ではありません。しかし、結果的に他社よりも断然安くなることもしばしばあるのです。調査対象者が石狩市から北海道外へ行ってしまい尾行を続けるとします。安さを売りにする他社では最後に莫大な経費請求をされ、支払わないと報告書を貰えない場合が多々あるんです。でも、ハライチ探偵社では基本的に追加請求が無いのです。これは全国各地に直営支店があるハライチならではの利点であり、結果的に安く確実な結果を得るといえます。


ハライチ探偵事務所は、最新のテクニックだけでなく、40年以上の実績に裏付けられた調査技術で様々な悩みを解決してきています。法律的な対応が必要な場合は各顧問弁護士をご紹介してもらえたり、法律相談や調停、訴訟などの事案の協力をしてもらえるので最良な対策を講じることができます。これはハライチが調査後に提出してくれる報告書です。

内容にもよりますが、100ページ以上にも渡って、密会の現場やホテルに入る瞬間などの浮気・不倫の証拠写真や行動がレコードされています。

他の探偵社の報告書に比べ、ダントツにしっかりした報告書であるといえます。これがそのまま裁判の証拠として使われますので内容も非常に分かりやすく的確なものです。他にも、離婚したあと、再婚時に新しいパートナーへこの報告書を見せることにより、自分が原因で離婚に至ったのではないことが証明されますし、さらには新しいパートナーさんが浮気に走ることを抑える効果にもなるようです。

ハライチは、出稿基準が大変厳しい行政HP(千葉県HP、愛媛県庁HP、宮城県庁HP他)にバナー広告出稿をしています。

探偵業界はトラブルの多い業種ですが、ハライチは長年探偵としてしっかり業務をしており、消費者庁からもクレームのほとんどない探偵として評価を得ています。審査基準の高い行政ホームページにも全国で探偵として唯一広告掲載をしています。これはもう行政にお墨付きをもらっているようなものでしょう!

ハライチは、安心してまかせることが出来る探偵社といえるでしょう。24時間対応の無料相談が特に定評のあるようです。浮気を疑われてると感じると、本人は慎重な行動をとるようになってしまいます。そうなると調査や証拠集めが難航してしまうことになりますので、早めの対策が肝心です。

まずは無料のメール相談をしてみてください。公式サイトで詳細をもっと知りたい場合は以下のリンクからどうぞ!
↓↓↓妻の浮気にお悩みの方↓↓↓

↓↓↓夫の浮気にお悩みの方↓↓↓

↓↓↓家出人調査↓↓↓

↓↓↓結婚調査↓↓↓

↓↓↓恩師消息や先祖のお墓を探したい方↓↓↓

↓↓↓のいじめ調査↓↓↓

2

総合探偵社TS
・調査成功率は98.4%
・料金設定は安心の定額
・復縁派にも嬉しいアフターケア
・電話・メールでの無料見積
・無料での出張相談も可能

8

対応地域
1時間単価
評価
関東
約15000円

探偵ならココ!2016年版の人気探偵事務所【口コミ評判】はコチラ!!
浮気の証拠を調査員による浮気調査で得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

それは男性の場合であっても同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう調査員に不倫調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。
実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。
調査員について、その特徴を考えると、誰かに不審に思われないよう充分すぎる注意を払って根気よく調べていきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、先に自分の所属を明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには調査員が向いており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。
日々の生活の中で、相手の行動を目を配っておくのは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。
そして、調査員に頼む場合、ただ、不倫に関する調べ報告をもらうだけでなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査にかかるお金は少なくなります。
しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、友人を説得して証左を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。
知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、多くの場合は3~4日間です。

とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。一方で、曜日が決まっているとかで不倫をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証左が集まることもあります。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。
婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。

不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談しましょう。
女性の場合、近所の奥さまや知人などに相談してしまう方もいますが、噂されたくない場合には、どんなことがあっても止めましょう。
興信所と調べ員社の違う所を聞かれた場合、格別違うところが無いと言っても言い切れます。
共に、不倫調査から身辺調べ、類似した仕事をしています。ただし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、調査員は個人向けのようです。

探偵
探偵
探偵
探偵

探偵
探偵
探偵
探偵
探偵
フエルフォトブック
パーフェクト4000
乳酸菌革命

スマイスター土地活用
オーダーカーテンココ